Thank you for visiting and welcome back!

【保育士試験】解答速報で諦めないで!不適切問題があるかも!?結果が来てびっくりした話

きょんのアイコン画像きょん

こんにちは。令和元年後期に保育士試験を受験、令和2年1月に合格通知をもらったきょんです。記憶が新しいうちに、経験したことを記録しています。

さて、筆記試験を受験後は、ほとんどの方がご自身の点数の確認のために自己採点をすることと思います。

今日は、令和元年後期の筆記試験の自己採点時に落胆した話と、筆記試験に合格してとても驚いた経験についてお話したいと思います。

目次

解答速報(当日~数日後)が見られる会社

私が実際に自己採点に利用させてもらった会社です。

ユーキャン
当日、自動採点機能を使って採点しました。社会福祉の問題(この記事の下部でお話する問10)について、他社さんとは別の解答を最初に予想、それが正答でした。信頼できそうですね。

キャリアステーション
当日採点に利用しました。ツイッターで各科目の予想解答をアップする毎に更新のお知らせあり。講師の先生方が頑張って予想解答を作ってらっしゃる姿の画像もアップされていて、いい雰囲気です。解答速報を出した際の見解や、解答変更時の日付など履歴を残しているため、好感が持てます。

サンライズ保育士キャリアスクール、ライセンス学院
数日以内に利用。予想解答を出した時の解答は、更新されて正式解答に変わっていました。

その他
ある保育士求人サイトさんが「ライン友達追加すると、試験終了後に公開と同時に無料で解答速報が見られる」というので登録しましたが、結局メッセージは送られてきませんでした。

きょんのアイコン画像きょん

ユーキャンかキャリアステーションの解答速報の利用をおすすめしますが、他の会社さんの解答も覗いてみるといいかもしれません。

私が受験した時・・・解答速報が各社違っていました!

試験実施後の予想解答が、会社によって一部異なるということは、どの国家試験でもよくあることのようです。

試験を実施している組織の正答ではないですから当然ですね。

きょんのアイコン画像きょん

各会社さんが厚意で無料で解答速報をネットに出してくれているわけですから、ありがたいですよね☺

とはいえ、ある特定の問題が〇か×かで、運命が変わる(合格か不合格になるか)といった場合、各社の解答が違うと、もやもやが止まりませんよね!!

実際に、私がそんな経験をしてしまいましたので💦少しお話したいと思います。

10月19日、筆記試験の一日目が終わり、帰宅後すぐにインターネットで解答速報を確認。(ユーキャンとキャリアステーション)

自己採点をした結果、1日目の「社会福祉」以外の科目は、余裕を持って合格点をクリアしそうな雰囲気でした。

問題は・・・「社会福祉」の問10です。

解答が出た当初は、ユーキャンが解答3、キャリアステーションが解答2で、私がマークしたのは2。

つまり、ユーキャンが正しければ55点で不合格、キャリアステーションの解答が正しければ60点で合格となるわけです。

2日間あるうちの初日に自己採点してしまったものですから

もう~どっちなのよ~~!翌日の試験勉強が手につかない!

もやもや・・・せっかくの時間を浪費してしまいました・・・💦

これから2日目を受験の方は、自己採点結果に右往左往している時間がもったいないです。

1日目は自己採点をせず、2日目にまとめてやることをおすすめします☺

結局、しばらく経つとキャリアステーションの解答が解答3に訂正され、他社さんの解答も数日後には、足並み揃えた形で解答3に変わっていました。

後日、自分自身でも調べたところ、やはり解答は3で合っているのかな・・と、ある程度納得。

そして、2日目の科目は全て合格点よりも、余裕を持ってクリアしているようだったため「社会福祉」だけ不合格になると推測しました。

しょうがない!次回、社会福祉だけに集中して頑張るか~。もう勉強したくないけど・・

ぶつぶつ言いながらも、気持ちを切り替えて、1科目だけ不合格を覚悟して結果をのんびり待ちました。

そして1ヶ月後…

結果が郵送されるであろう当日の午前中、保育士養成協議会が正答をHP上で公表されるというので、

例の「社会福祉」問10だけ、念のため確認しよっか~

と、諦めてはいたけれども、おもむろに正答を確認しようとHPをチェックすると・・・

「社会福祉」に不適切問題があったというお知らせが!!

え?問10じゃないの?

問9ですって???

ちなみに、もちろん問10は、しっかりと正答も3となっており、私の回答(2)は間違っておりました。

ですよね~💦💦

ただ、問9となるとどうでしょう?

早速、「社会福祉」の試験問題を取り出して確認すると・・・

なんと私、問9も正答とは違う答えにマークをしていました(-_-;)

ということは、本来ならば×をもらう予定だったんです。

ところが問9が、試験問題作成側が不適切問題だったことを認め、全員が正解になるというではないですか!!

※後から知ったのですが、試験後10日以上経ってから、この問9について桜子先生がブログで問題提起していて、ユーキャンの解答速報にも解なしの可能性ありとHPに追記されていました。

ということは、ここにきて合格の可能性が出てきたということ???

そして結果は・・・

「社会福祉」は60点で合格となりました☺

あれだけ筆記試験1日目の夜~数日間もやもやした問10とは、別の問題で5点加点してもらえたために「社会福祉」及び、他全ての科目が合格。

これについては、もう幸運だったとしか思えません・・・

棚からぼたもちでございます・・・💧ありがたや~~

ただ、、、この時点では嬉しい気持ちでいっぱいでしたが、ふとカレンダーを見ると、実技試験は13日後!!

実技試験対策にかけれらるのは賞味12日です!!

こんなことなら、さっさと諦めず実技試験の対策を少しでもやっておけばよかった・・・😢

という、なんとも言えない後味を味わうのでした・・・。

この経験から学んだことと不適切問題について

保育士試験の当日から見られる解答速報は、あくまで予想であり、全てが正しいわけではありません。(問題作成者ではないのであたりまえです。)

試験から10日以上経ってから、予想解答についての変更があることもあります。

また、保育士試験は不適切問題が過去に何度もある試験です。

【保育士試験の不適切問題について知っておきたいこと】

この経験とは直接関係ありませんが、一つ前の試験(同じ年2019年の平成31年前期試験)では、後期の実技試験が終わった後に、不適切問題があり追加合格者が出たというニュースがありましたね。

同じ回の試験で、教育原理の別の問題(いわゆるコメニウス問題)でも不適切問題がありました。その前にも過去に何度かあったようですよ。追記:2020年の神奈川限定試験でも保育実習理論で不適切問題がありました。

きょんのアイコン画像きょん

保育士試験は、不適切問題が出題される可能性が高い試験という認識を持った方がよいでしょう。申し訳ないですが・・・。

ですから、もしも解答速報で自己採点をして、1,2科目があと1問、2問で合格するような50点、55点レベルであれば、迷わずに実技試験の対策をするべきです!!

私のように完全に諦めてしまっていて、実技試験対策を一切していないと、試験の日程によっては2週間をきる対策時間で実技試験に臨まなくてはなりません😢

「音楽」や「言語」は、毎回試験課題は変わりますが、練習しておいて損はありませんし、「造形」ならば、たくさん絵の練習することはプラスにしかなりません!

きょんのアイコン画像きょん

皆さん、結果が来るまでは諦めないでくださいね~!

Thank you.

参考記事:まさかの筆記試験一発合格!2019年後期

目次
閉じる